Ignotum -イグノタム-

新職業「エクリプス」

エクリプスとは、剣や銃を錬成して己の肉体を高めて戦う「武技系統のスキル」
シンボルを錬成して魔力を行使する「錬技系統のスキル」のいずれかを極めたもの。
エクリプス特有の武器である「日輪」と「月輪」を使用して戦います。

エクリプス(武技)

<武装:スパーダ>
自分の気を大剣を使うのに適した流れにに変換させる。大剣士の格闘技を使用できる。この状態は騎乗できない。

<イクスプローダン>
大剣士の姿でのみ発動できるスキル。剣に業火の力を与える。対象を攻撃した後、3秒間経過した時に爆発する。300%の近距離攻撃に2029ポイントを加えたダメージを与える。

<武装:カーノ>
自分の気を銃を使うのに適した流れに変換させる。聖銃士の格闘技を使用できる。この状態は騎乗できない。

<フレイムショット>
聖銃士の姿でのみ発動できるスキル。聖銃で対象に炎の弾を発射し、遠距離攻撃250%に892ポイントを加えたダメージを与える。射程は通常の銃よりやや短い。

エクリプス(錬技)

<ドゥ:イグニス>
儀式により太古の炎をシンボルに封じており、「炎」のシンボルをクリックする事で、太古の炎の効果が発動する。半径7.5メートル以内の対象に火属性ダメージ3454ポイントを与える。
「炎」のシンボルは30秒間存在する。

<ウヌ:サガン>
「地」のシンボルを発生させ、半径5メートル範囲内の敵に対して、大量の土砂を召喚し攻撃する。敵は170%の魔法攻撃力に3356ポイントを加えた土属性魔法ダメージを与える。「地」のシンボルは8秒間存在し、使用者に追従する。

<トリ:オラクル>
錬技マスタリーを習得した人のみ習得できる秘伝の錬技。術者を中心として半径10メートルの「音」のシンボルを錬成する。物理攻撃224ポイント増加。シンボルの存在時間は90秒。

さらに広がるアカディアの世界
ガイアを信仰する民が住まう地「パタニア」

【ガイアの秘境】 -LV20以上で転送可能-
パタニアの中心に位置し、多くの住民が暮らしており、
貿易と交渉術に長け、水の部族と火の部族がそれぞれ分け合っています。
主な物資は【ミスティサンク】と【不変の大地】を頼りにしている。

【不変の大地】 -LV50以上で転送可能-
製造、生産の仕事を得意とする地の部族が住んでいる。
不変の大地は他のエリアより標高が低く、暖かい。

【ミスティサンク】 -LV60以上で転送可能-
パタニアの中で一番危険な地区です。
厳しい地理条件で過ごしてきたここの住民は、外から来た人に強い反感を抱いています。
一声かければ、全ての部族が大勢集まる気迫とカリスマの持ち主です。

新たな強敵が現れる!
ルーセントハート史上最大!?
砲台に乗って攻撃しろ!
新BOSS「神撃兵」襲来